www.ivsunriserotary.org

-

-

最近、概ねどの自動車保険会社も料金値上げを行っています。運転者を助ける自動車保険が値段のつり上げをしてしまうなどという事態が起きると、一般市民の生き方にかなり甚大な衝撃を与えます。しかし、一体なぜ自動車損害保険が値段釣り上げされているのか、わかりますか?その現象の理由について定説になっている事は、大きく2つ存在します。まず一つ目は、お歳を召した自動車運転手がだんだん増加傾向にあることが挙げられます。車を所持しているのが当たり前の状態になったので、高齢の運転者も増加している傾向にあります。そして、日本全体が高齢化を迎えつつあるという趨勢があるせいでこれからさらに老年期のドライバーが増加する傾向のようです。高齢者のであるならば、通常は保険の掛金が低く定められているゆえ保険会社にとっては、それほど旨味がありません。なぜなら、保険の料金が割安なのに自動車事故などのトラブルを処理する場合高額な保険金を被保険者に支払わないといけないという理由があるからです。そうすると、損を強いられる可能性が大変に高いため、自動車保険会社からしてみれば保険の掛金を増やす他に手がありません。次に、2番目の原因に挙げられるのは若年世代のクルマへの興味のなさにあると言わざるを得ません。お歳を召した乗用車所持者は増えている傾向にありますが若い年代は自動車に憧憬を抱かなくなりつつあるのです。原因には何があるかと言いますと交通インフラの整備と彼らの経済事情に関わることです。盤石な職にありつくことができない若い年代が多数であるので自家用車を入手することが難しい人も相当数いると考えられます。しかも、昔の常識であれば、マイカーを所有していることが社会的地位の証明だと考えられていましたが近年では車を持つ事がステータスだ、などとは言いにくくなってきたようです。ですから保険の掛け金が老年期に比べて高い比較的若い年代の自動車保険申込が減っているのです。このようなことが理由で、損害保険会社も料金値上げに踏み切っていると考えられるのです。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.ivsunriserotary.org All Rights Reserved.