違う場所に住んでいる家族や親族の方が

-

-

自己破産の申告をおこなっても司法機関から家庭に直々に連絡がいくなどということはないと言えます。過払い金請求 弁護士

なので、家庭に明らかにならないように自己破産の申立てが不可能とは申しません。

それでも、実際問題として自己破産を申し立てる際に公的な機関などから一緒に住む親族の月給をつまびらかにする証書や通帳の写し等といった資料の提出を余儀なくされるというというような事態もありますし消費者ローンから家族や親類へ督促が来ることがよくありますので、親族に露見してしまわないように自己破産実行することが可能だという100%の確証は得られないと考えられます。

近親者にわからないようにして後になってから気付かれてしまうよりもはじめから偽らずに打ち明けて家庭のメンバー全員が一丸となって破産の手続きを切り抜ける方が無難といえるでしょう。

また、違う場所に住んでいる家族や親族の方が、自己破産手続きをしたのが知られてしまうといったことは心配する必要はないと理解しても良いでしょう。

妻または夫が負う責任を失効させるために離縁することを検討するカップルもいらっしゃるとのことですがまず、婚姻関係を結んだ間柄ということであっても原則的には自らが書類上の連帯保証の名義人を請け負っていないならば法律的な強制力は発生しません。

ですが書類上の(連帯)保証人であるケースは別れることをしたとしても責任は残存してしまいますので法的な支払い義務があると考えられます。

つまり、離婚を行ったことさえすれば未返済金などの債務の支払い義務が斟酌されるということは考えられません。

そして、現実として貸し主が債務者の家族や親族に支払の督促に及んでしまうこともありますが連帯保証人又は保証人を請け負っていないのであれば親子、妹と姉の間という類いの家族の未返済金などの債務に関して本人を除く家族に法律の上では法的な支払い義務はあり得ないのです。

それ以前に、債権保持者が支払い義務背負っていない親族の方などを相手取って支払の催促をすることは貸金業規制法を実施する上での金融庁の実務取り決め内で固く禁止されているため、支払いの請求の実施方法によりますが貸金業関係の法律の支払いの請求の取り決めに背くことにもなります。

ですから法的な支払義務を持っていないにも関わらず借りた人の家族が支払いの請求を受けたというならば債権を持つ会社に向け催促を直ちにやめるよう警告を発する内容証明郵便を出すのが良いでしょう。

人によっては、借りた人のことがとても可愛そうだからと思ってしまったために借りた張本人以外の家族や親族がお金を代理となって返済してしまうような話もありますが、借りた本人幸運に自立心を無くしてそれからも借金を繰り返してしまうことが少なくありません。

したがって債務者本人の事情を考慮したら厳しいようですが借り手本人の努力で借金を返済させるかそのようなことが無理であれば自己破産の申し込みをさせた方が債務をもつ本人人生には良いと言えます。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.ivsunriserotary.org All Rights Reserved.