どれも保持せずじっと待っている事もまたFXです

-

-

パソコンのディスプレイの前に座り上がったり下がったりしている為替レートを見てしまうと売り買いをしなければならないという思いが生まれる事も多いです。男 陰毛 脱毛

だけど、ぼんやりした直感で売買することだけは絶対にしてはいけません。

知っての通り、市場は24時間、休みなくどこかの国で市場がオープンしているし市場もいつでも、動いています。

しかし、だからといって闇雲に注文を積んでいくと、その分損をする確率が高くなります。

当然、エントリーの数を積み重ねる事で、トータルで勝ち負けの確率が50%、50%になっていきます。

しかしこの事実は「明確でない勘で注文」することとは話が違います。

注文回数を増やす事の意味は、自ずから「ここがチャンス」と考える勝算を持った状況での売り買いの回数を積むという意味です。

特段の理由も無く、連続してトレードをするのとは違います。

市場の駆け引きに勝つためには己で考えて緩急をつけることこそが大事です。

「ここだ!」とよく考えた外国為替相場の時には、迷わず所有ポジションを積み増して、徹底的に儲けを追求します。

「明らかに難しい為替相場でどう上下するのか思いつかないな」と考えた時は、思い切って売買ポジションをひとつ残さず閉じて何もしません。

それぐらいの緩急をつけた方が結果的には注文は成功します。

為替相場の名言には「休むも相場」というものがあります。

文字通りその通りです。

FXとは何も常にポジションを所有する事が肝心な事ではなく、どれも保持せずじっと待っている事もまたFXです。

それならば、どういう時に、休みどきなのでしょうか。

第1に考えられるのが、先に述べたように、最近の外国為替相場が具体的に判断できない時です。

そこから円高になるのか、それとも円安になるのかが見通せない時は分からないまま行動すると、自分で考えたシナリオとは逆にマーケットが向ってしまい、損失を被る事になります。

そういう状況ではポジションを減らして、そのまま何もぜずに黙ってみているだけが良い方法です。

もうひとつは、体の具合が悪いときです。

体の状態と外国為替市場に関係しないと思う人もいると思いますがかなり影響します。

コンディションが悪い時は為替相場の大切な状況で正確な判断を下すことができない。

関心がわかない時は、市場から離れる事も大事なことだ。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.ivsunriserotary.org All Rights Reserved.