他の儲けつまりはスワップ金利

-

-

外国為替証拠金取引(FX)の面白みは単独の投資の商品であるにもかかわらず投資期間を短・中・長という3種類の期間からいずれを選定するのかということにより資金を費やす方法がまったく変わってくるという点にあると言われます。http://webmania.to

まず外国の貨幣へ投資の「長期」を見てみよう。

長期の投資は、一年以上の長期出資を原則としているのが通常です。

普通は為替においては一年も後のレートが円高だろうか、反対に円安なのかを考えるなんていうことは多くの場合難題だと思います。

現実的には、「先の変動は見当もつかない」となるのが当然のことだからです。

わからないことを頭を悩ませて予想しようと努力しても、無意味な行為なのです。

したがって外国貨幣を買ったと仮定して、その価値よりも円高でも、しばらく経てば元に戻るだろうというポジティブな感じで売り買いにチャレンジするものです。

儲けを追いかけることではなく、他の儲けつまりはスワップ金利を稼ぐということを目的にして投資してみましょう。

もちろん、ちょっとの間で為替変動のマイナスが非常に大きくなることもあります。

そういったことからそのマイナスが膨らんでも大丈夫なよう、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を少しで設定するのがポイントです。

FXは損が決まった範囲を超えて増えると、追い証(追加保証金)を払わなければならなくなったり、あるいはストップロスになってしまったりします。

ロスカットがかかったらすぐに売り買いを決済する必要があり長期の投資はダメになります。

このようなリスクを抑えるには、レバレッジ2?3倍に設定して売買するのが良いでしょう。

次は中期投資での売買についてです。

中期の場合は、2ヶ月くらい先を推測してのやり取りを行います。

為替売買の時は、1ヶ月くらい後のことはだいたいの場合予想しやすいと考えられます。

G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)の類の国際論議とか為替市場に参加している人たちがいかなるテーマに注視しているかを確認すれば、いくらか、見通しがきくと思います。

こんな経済の状況を見つつグラフを参照することによって為替のレートの動向をわかるようになり、取引を決定するのがいいと思います。

基本的に、経済の状況とジャッジの両方とも良い状態であり、または買い傾向が一致していれば、だいだいその通りに動くと考えて差し支えありません。

その場合ポジションを増やせばさらに大きな利益を得られるでしょう。

最後に短期スタンスのコツ。

ここでの短期スタンスが指しているのはすなわちデイトレのことを言っています。

為替市場でデイトレードを行う時は、経済の基礎的条件は影響がないと言い切れます。

なぜならば翌日の相場の動きにファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は反映されないからです。

この場合最大のポイントは大規模な催し物があり、そのために為替の相場がかなり変化する機会を見逃さないようやり取りすることです。

例を挙げると米国において雇用の情勢が公布される、はたまた金融政策等によって金利が動くくらいの催しごと。

こうした一瞬の変化を逃してはいけないといった意味から、短期のトレードは専門的なデータが必須となる。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.ivsunriserotary.org All Rights Reserved.