いずれの種類の介入も一時的に

-

-

外国為替平衡操作(為替介入)という言葉を知っていますか?日銀が外国為替市場介入(為替介入)をして新聞、雑誌、テレビ番組、インターネットの情報で注目した方もたくさんいるでしょう。アーセナル

元来為替介入(外国為替市場介入)といえば日本の場合、◯大臣(財務大臣)為替の安定化を実現するために実施する手段ということで考えられています。美甘麗茶

簡単に言えば、極度の円高、円安が起こると財務大臣の指図により中央銀行(日本銀行)日本円を売買することで円相場の安定化を狙う、というものです。

外国為替市場介入(為替介入)はいくつかやり方があるのです。

1.単独介入・・・政府や日銀が東京での市場で自主的に市場に参入して為替介入を行なう。

2.協調介入・・・複数の通貨当局が話し合ったうえで、それぞれの通貨当局の持っているお金を駆使してタイミングを合わせてまたは随時為替介入(外国為替市場介入)を実行していく。

3.委託介入・・・外国の通貨当局へ為替介入(外国為替平衡操作)を任せる。

4.逆委託介入・・・日本銀行が海外通貨当局と代わって外国為替市場介入(為替介入)を遂行する。

このように種類があるのです。

いずれの種類の介入も一時的に、あるいは連続して為替レートに影響力を与えます。

為替介入(外国為替平衡操作)の金額はやはり自分の国の威信をかけているだけにスケールが大きいです。

円を例にしてみると、普段は数銭単位で変化しているレートが突然かなり変動をするのです。

個人の投資家の方ならば今までに経験したことがあると思いますが、これまで期待通りに含み益(もしくは含み損)が増えている持ち高をキープしていたところ、保持しているポジションが決済となりましたという通達が業者からメールが来ました。

どのくらい儲けが出たのかな(損益が出たのかな)?と考えながら決済通達を確認すると自分の中で想像していたのとは真逆の事で驚いたとの話がよくありました。

外国為替市場介入(為替介入)が行なわれるとよくあることです。

以上のように外国為替市場介入(為替介入)が施行されると、為替のトレンドとまったく反対の変動をするものです。

それだけでなく変化する金額の大きさはかなり大きく変動するため用心が必要です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.ivsunriserotary.org All Rights Reserved.