この方法の場合債権者と話し合う方法

-

-

破産手続きの際自分のローンに対しその保証人となる人が存在する場合は、事前にきちんと相談しておいた方が良いです。

再度、改めて言いますが、借金に保証人が存在する場合は、自己破産の前に考えた方がいいでしょう。

つまりはあなた自身が破産手続きを取って受理されると補償する立場の人があなたが借りた返済義務を全部払うことになるからです。

ですので、自己破産以前に保証する人に、それらの内容や現状について説明しつつお詫びをしておかなくてはいけないでしょう。

それは保証人となる人の立場に立つと当然のことです。

債務者のあなたが破産の手続きをすることからいきなり膨大な債務がふりかかるわけです。

そのあとの保証人の選ぶ選択肢は以下の4つです。

1点目ですが、その保証人が「いっさいを支払う」ということです。

保証人がすぐに何百万もの金額をラクに返金できる現金を用意していれば、この手段ができるでしょう。

でもむしろ、あえて破産せず保証人となる人に立て替えをお願いして、自分は保証人となる人に定期的に返済していくという選択肢もあると思います。

保証してくれる人が自身と親しい関係にあるなら、少し完済期間を考慮してもらうこともできないこともないかもしれません。

それにいっしょに完済が不可能でも、話し合えば分割払いに応じる場合も多いです。

あなたの保証人にも債務整理を実行されると全然返金されないことになりかねないからです。

その保証人がその返済額を全部支払う財力がなければ借金したまた同じように何らかの方法での債務整理を選ばなければなりません。

続いては「任意整理」による処理です。

この方法の場合債権者と話し合う方法によって数年の期日で完済していく形を取ります。

この問題で弁護士にお願いする際の費用の相場は債権者1社につき4万円。

もし7か所からの借り入れがあったなら28万円いります。

もちろん債権者との示談を自ら行うことも不可能ではないかもしれませんが、この面での経験のない方の場合相手があなたにとってデメリットの多い和解案を投げてくるので慎重である必要があります。

任意整理をするとしても保証人に債務を代わりに払ってもらうわけなので借りた本人は長くかかるとしてもその人に返済を続けていく義務があります。

次の3つめは保証人となっている人も返済できなくなった人と同じく「破産する」という選択です。

その保証人も債権者と同じように破産申告すれば保証人である人の負債も消えてしまいます。

しかしながら、保証人がもし住宅等の不動産を持っているならばそういった個人財産を没収されますし司法書士等の職業についている場合は影響が出ることは必須です。

そのような場合、個人再生による手続きを検討することができます。

最後に4つめの手段は、「個人再生による手続きを取る」ことです。

土地建物等を処分せず負債整理を望む場合や破産宣告では影響が出る業務に従事している場合に選択できるのが個人再生制度による整理です。

これなら、住居する不動産は処分が求められませんし自己破産のような職種制限、資格制限等はありません。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.ivsunriserotary.org All Rights Reserved.