お金を借りたりカードを利用して物品を購入したとき

-

-

免責不許可事由というものは破産申告を申請した人を対象に、このような件に該当するなら借り入れの帳消しを認可できませんといった基準を表したものです。不動産売却注意点

ということは、極端に言えば返すのが全くできないような状況でもこのリストに含まれているなら負債の免除が受理されないようなこともあるというわけです。背中 かゆい 内臓

ですから自己破産手続きを出して、債務の免除を勝ち取ろうとする人にとっての、最も大きな難関がこの「免責不許可事由」ということです。ひじ下脱毛

以下は主な条件となります。キレイモ 料金

※浪費やギャンブルなどで過度に財産を費やしたり莫大な負債を負ったとき。40代 結婚できない 男

※破産財団となる財産を秘匿したり、意図的に破壊したり、債権者に損害を与えるように手放したとき。眼科 医師求人

※破産財団の負担を故意に多く報告したとき。リネットプレミアム会員

※自己破産の責任を負うのに、それら貸方に一定のメリットを付与する目的で担保を供したり、弁済前にお金を支払った場合。オンラインカジノのメリットとデメリット

※前時点において弁済不可能な状態にもかかわらず、その事実を偽り債権を持つものをだましてさらにお金を借りたりカードを利用して物品を購入したとき。

※虚偽による利権者の名簿を裁判に提示したとき。

※借金の免除の手続きの過去7年のあいだに返済の免責をもらっていたとき。

※破産法が要求する破産申告者の義務を違反する場合。

以上の8条件に該当しないのが免責の要件と言えますがこの8項目だけを見て実際のケースを想像するにはある程度の知識と経験がない限り簡単なことではありません。

それに加え、厄介な点は浪費やギャンブル「など」と書かれているので分かると思いますがギャンブルといわれてもそれ自体数ある例のひとつというはなしでほかにケースとして書かれていない条件が非常に多いんです。

具体例として書いていない条件は、それぞれの例を言及していくときりがなく実例を書ききれないものや、過去に出た実際の判決に照らしたものがあるため、個々の申告が免責不許可事由に該当するのかはこの分野に詳しくない人には簡単には判断が難しいことが多いです。

しかしながら、まさかその事由に該当するなどと考えてもみなかった場合でも免責不許可という判定をひとたび出されてしまえば、判定が変更されることはなく、負債が残るだけでなく破産申告者であるゆえの社会的立場を7年間も背負い続けることになります。

ですので、免責不許可による最悪の結果を避けるために破産手続きを選択するステップにおいて少しでも不安を感じる点や難しい点があるようでしたら、経験のある弁護士に相談を依頼してみるとよいでしょう。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.ivsunriserotary.org All Rights Reserved.