それでも現実を見ると

-

-

自己破産の手続きをおこなったとしても司法機関から家族や親類にダイレクトに連絡がいくなどということは考えられません。ゾニサミド 猫

ですから近親者にはばれずに自己破産手続きが可能だとお思いかもしれません。アヤナス店舗

それでも現実を見ると、破産の手続きを申し立てる時に同居親族の給与を証明する書類や預金通帳の写しなどという書類資料の届け出を要求されるようなこともありますし、金融会社から親族へ連絡がいくといったこともあり得ますので家族や親類にばれずに破産の申立てが実行することが可能だという100%の確証は望むべきではないといえるのです。

不自然に知らせずにしておいてそれ以降に発覚してしまうこと比較すれば、まず最初から誠実に話をして家庭の方々皆が一丸となって自己破産の申立てを実行する方がよいでしょう。

しかし、違う場所に住んでいる家族の方が自己破産申請をしたのが明らかになってしまうようなことはひとまず考えなくて良いといえます。

夫あるいは妻の返済義務を消滅させるために離婚を考える夫婦もいるようですが実際はたとえ夫婦であってもまず本人が書類上の(連帯)保証人でない限り法律の上では支払い強制力はありません。

一方で保証の名義人になっているときはもし婚姻関係の解消を実行したとしても義務は引き続き本人が負わなければいけないと言えるため支払い義務があるのです。

故に、婚姻関係の解消を実行することで借入金の法的な支払い義務が無効になるということはまずないのです。

そして、しばしば貸し主が債務をもつ人の家族に請求に及んでしまうといったこともありますが連帯保証人や保証人でないということであれば親と子供の間・兄弟姉妹などという家族の返済義務について借り主以外の近親者に民法において支払い義務はあり得ません。

実は、業者が支払義務のない家族の人を対象に支払請求を実行するのは貸金業規制法における金融庁の営業取り決め内で固く禁止されているため請求の方法によっては貸金業関係の法律の督促の取り決めに反することにもなり得ます。

ですから、法的な支払い義務が存在しないにもかかわらず債務をもつ人の家庭が支払いの請求を受けてしまったならば、債権保持者に請求を直ちに止めるよう通告する内容証明を出すべきでしょう。

よく、破産申請者本人のことが可愛そうだからといって借り主以外の家族や親類が債務を代わりに返済するようなこともありますが、債務をもつ本人恵まれた境遇に自立心を無くして多重債務の形成を反復することがないとは言えません。

よって、借りた本人立場において考慮したら厳しいようですが債務をもつ本人手によってお金を返させていくか自力での更生が無理であれば破産の申込をやらせた方が借入者本人のこれからをまっとうするためには良いと思われます。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.ivsunriserotary.org All Rights Reserved.