事故の相手の方の自動車保険会社等互いのこと

-

-

予期せず、突然出あってしまうのが自動車の事故です。ニコノン

そこでどうやって行動したことによって自動車の保険料の受け取り額もかなり違ってくる時も予想できますので正確な判断力と行動力が大事です。http://cqzhgg.com

予測できない出来事で平静さを失ってしまうと大切な状況を見落してしまい、先々己が大損を負う場面もありますので自動車事故に巻き込まれたケースは正しく次に記述した行動するようにするとよいでしょう。ポリピュアEX

自動車の事故を起こしてしまった時に最も初めにするべき事は負傷した方がいるかどうかの確認です。

乗用車の事故直後は頭の中が真白になって虚脱状態になってしまう状況がありすぐに対処できないのが当たり前です。

負傷した人がいたら安全が確認された場所へ移動してから応急手当を行って、周りに助けを呼ぶようにして人命救助の優先に努めましょう。

救急車を呼ぶ場面では適切な現場を告げて分からない場合には目に留まった学校や交差点を告げて事故現場の住所が分かるようにします。

その後に110番に知らせ、事故が起きた事、そして現在の様子を告げます。

救急車とパトカーの到着を待つ間に負傷者の情報をチェックします。

名前、住所、電話番号、免許証、ナンバープレート、事故の相手の方の自動車保険会社等互いのことを教えます。

この時に相手側に過失があったような状態では、事故現場でやり取りしようとする状況がよくありますが事故現場で結論を出すのではなく、どういった場面でも警察署や保険の会社に届け出て公平にジャッジしてもらう事が必要です。

関係者の情報を教えあったら他者の妨げになることをやめるために障害となる物を道路から排除します。

仮に障害物が他の自動車の妨げになっている場合には、情報交換をするより優先してこれを行ってしまっても大丈夫です。

自分の保険会社に連絡を入れて自動車事故があった旨を知らせます。

自動車での事故から特定の時間の時に自動車保険会社に連絡を入れないと保険の適用除外とされる事態も想定されますので気がついたら時をおかずに行動することが大事です。

可能であれば事故の現場の形跡として、デジタルカメラや携帯のカメラなどを使って状況や事故車の破損箇所を見ることができる写真を撮っておきます。

これは過失割合を決定する時にかなり大きなデータとできますので自らの車や相手の自動車の破損をしっかりと証拠として残しておきましょう。

その状況で見た人がいたら警官や保険会社が到着するまで一緒に待っていてもらえるようにお願いするのも必要不可欠です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.ivsunriserotary.org All Rights Reserved.